国産のキクラゲにこだわった【en】

Cart
ユーザー
カテゴリー

「新・きくらげグラノーラ」の魅力とその健康効果

クラウドファンディング成功から販売開始!「新・きくらげグラノーラ」が選ばれる理由

皆様の圧倒的な支援により、クラウドファンディングで目標の367%に達した新グラノーラが、ついに当ショップ「きくらげのen」での販売を開始しました。総額367,800円のご支援を賜り、心より感謝申し上げます。

この新商品は、以前のグラノーラを全面的にリニューアル。日本国内産のきくらげを100%使用し、その栄養価とユニークな食感を生かしたカリカリ感と香ばしさが特徴です。オーブンでじっくりと焼き上げた結果、これまでにない美味しさを実現しました。

続きを読む

きくらげに多いビタミンDが、、、!?なんと読売新聞オンラインの寿命の記事にありました

大阪大の石谷太教授らは、新たな実験動物として、アフリカに生息する体長4センチ前後の淡水魚で寿命が数か月ほどの「ターコイズキリフィッシュ」に着目。遺伝子の働きを操作して、生まれつき生殖細胞をできなくすると、オスは寿命が平均13%延びたが、メスでは逆に7%短くなり、差がほぼなくなった。
 精子をできなくしたオスを詳しく調べると、肝臓でカルシウムやリンの代謝と深く関わる活性型ビタミンDが多く作られ、筋肉の再生能力や骨の量などが維持されていた。卵(らん)(魚類の卵子)ができないメスでは女性ホルモンが減少し、血液を凝固させるたんぱく質が増え、血管に血の塊が詰まるリスクが高くなった。
 一方、生殖細胞のある魚では、適量の活性型ビタミンDを投与すると、オスで平均21%、メスで7%寿命が延びた。人でも100歳超の長寿者では、ビタミンDと関わる遺伝子に特徴的な変化がみられる場合があるという。
 奈良県立医科大の中村修平教授(老化・寿命研究)の話「脊椎動物の寿命に生殖細胞が関わっていることを明らかにした、極めて重要な成果だ。無脊椎動物では見られない寿命の性差や、ビタミンDとの関係を明らかにしたことも興味深い」
(読売新聞オンラインより抜粋)

「きくらげグラノーラ」が生まれ変わります!

6月下旬(予定)以降、「きくらげグラノーラ」はよりパワーアップして再登場します。
その正式発売に先駆けて、クラウドファンディング「Makuake」にて応援購入掲載中です(5月23日迄)!

https://www.makuake.com/project/kikurage_granola/

新たな「きくらげグラノーラ」の主な特徴

ノウフクJAS認証の国産きくらげ使用

★アメリカ農務省(USDA)認証オーガニックのオーツ麦使用

★独自のノンオイル製法

★白砂糖不使用

★より幅広い年代の方々に好まれる新テイスト   等々

謹賀新年

皆様明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。きくらげのen

夕食を食べるベストな時間って?

どんな食事においても、タンパク質・脂肪・炭水化物・ビタミン・ミネラルといった必須栄養素と水分をバランスよく摂取することが重要です。
では、夕食のベストな時間はいつでしょうか。
Yahooニュース「Prevention]掲載の翻訳版の抜粋から
「いくつかの研究によると、夕食に最適な時間は午後5時30分から7時30分の間です。早めの時間帯に食べると、血糖値の安定に繋がり脂肪貯蔵の要因である脂肪代謝が改善することが発見されました。早めに軽い夕食を食べることは、睡眠の質の向上、消化や代謝の促進、血圧の効果に役立ちます。そして、体重減少、エネルギー増加、慢性疾患における代謝危険因子の減少に繋がります。」とのこと。


仕事やプライベートでなかなか毎日夕食はこの時間と決めにくいかと思いますが、もし決めた時間に食べられないとき大きなストレスを感じることがないようにして、できる限りで構いませんので早めの夕食にトライしてみてください。そして、早めの睡眠も健康のために必要です。


夕食に食物繊維を摂ることも身体には良いことです。まず生野菜サラダを思いつきますが、「きくらげ」には不溶性食物繊維が豊富なんです。翌朝の便秘解消の一つとしても、夕食に適量の「きくらげ」を食べてみてはいかがですか。